1000年続く暮らしと地域を考える「自然エネルギーツアーin豊田市」


食とエネルギーの地産地消を考えていくと、どのように暮らしたいか、どんな町に住みたいか、どんな人たちとつながりたいかと自分のライフスタイルを考えるようになります。
愛知県豊田市にある自然エネルギー100%自給のエコハウス「すげの里」や古民家利用の「板取の家」で地元の「まちづくり・むらづくり」を考えている元気な若者たちと交流し、これからの暮らしについて一緒に考えてみませんか。

場所:集合解散は岡山駅西口 宿泊は豊田市「板取の家」
主催:おかやまエコマインドネットワーク
参加費:一般・大学生10,500円、高校生6,500円(宿泊、14日夕食、15日朝・昼食含む)
募集定員:25名(先着順)
内容:名古屋大学の高野雅夫先生を助言者に豊田市で自然エネルギーや農の地産地消に取り組む若者たちと交流し、持続可能な社会について考える。
申込締め切り:6月30日(日)
問合せ:080-5756-6180 アカイ

1000年続く暮らしと地域を考える「自然エネルギーツアーin豊田市」チラシ&申込書PDF

■スケジュール(予定)

14日
07:45 岡山駅西口集合
08:00 出発 昼食各自
13:30 エコット着 見学交流(約2時間)
16:00 板取の家へ移動
17:00 夕食
18:00 地元の方と交流(約2時間)

15日
07:00 起床 朝食
08:15 千年庵見学
08:45 すげの里へ移動
09:00 ワークショップ@高野先生
11:00 福蔵寺へ移動
11:15 昼食交流
12:30 自由時間
14:00 豊田市出発
19:30 岡山駅西口着 解散

■講師プロフィール

高野雅夫先生
名古屋大学大学院環境学研究科准教授
さまざまな分野の専門家と協働して、地下資源が枯渇した千年後でもやっていけるような地球と社会のシステムをつくるための「千年持続学」を構想中。著書「人
は100Wで生きられる」で自
然エネルギーの地域社会への
導入や若者の新しいライフス
タイルを紹介している。

戸田友介さん
(株)M-easy 豊田市旭地区在住
豊田市の『日本再発進!若者よ田舎をめざそうプロジェクト』で旭地区の魅力に惚れ込んで移住。暮らしを一番にした働き方
を模索しながら、米、大豆、綿、
野菜など農作物をつくり、地域
のさまざまな仕事もうけおう。
福蔵寺ご縁市を年3回開催。旭
地区の魅力を紹介している。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です